MENU

借金返済の悩みを法律のプロに相談する

借金返済で困っている人は、ひとりで悩みを抱えていないで、早めに司法書士や弁護士など法律のプロに相談することで、解決策を見出すことができます。借金の問題は、ひとりではなかなか解決するのが難しく、法律の知識が必要になることもあります。

 

とくに、債権者と直接的に冷静になって話し合いをするのはまず無理なので、借金返済の解決事例が豊富な法律のプロに相談・依頼することで、1日も早く借金問題が解決されることでしょう。

 

近年は、とくに借金問題の悩みを抱えている人が増えていることから、無料相談を受け付けている法律事務所も増えています。電話相談やメール相談、無料出張相談会などを積極的に利用することをおすすめします。

 

弁護士や司法書士に相談するには、借金の理由や状況、経済力、返済能力などについて詳しく説明できるように準備しておくことです。どのような方法で借金整理をしたら良いかわからない場合も、法律のプロの立場から丁寧にわかりやすくアドバイスしてもらえます。実際に弁護士や司法書士に依頼する前に、どの程度の費用がかかるか、見積書を作成してもらうと良いでしょう。

 

 

 

キャッシングとカードローンの借金返済

急にお金が必要になった場合に、信販会社のキャッシングや消費者金融会社や銀行などの金融機関でカードローンを利用する方法があります。従来は、リボ払い、分割払い、一括払いなどの方法が一般的でした。しかし、近年は、銀行では定期預金よりもカードローンをメインに打ち出しているところも増えており、借りたい時にお金を自由に借りて、返済する方法も多彩になりました。

 

キャッシングやカードローンを契約するまでは、申込み手続きをして審査に通過すれば最短で申込み日からでもお金を借りることができます。しかし、お金を簡単に借りることができるようになった反面、月々に返済が困難になり、最悪の場合は返済が滞り、借金返済に悩み苦しむ人も少なくありません。

 

簡単にお金を借りることができるようになった今、裏を返せば借金の返済によるさまざまなリスクを抱える可能性もあるわけですから、最小限必要だと思われる分だけお金を借りて、無理のない返済計画を立てること、そして入念に何度も返済シミュレーションを行うことが肝心です。

 

借りる金額がたとえ少額ではあっても、借金の返済が滞った場合に、金利が高くついてしまい、返済額が大きくなる可能性もありますので、返済が滞ることがないように十分に注意しなければなりません。

借金返済の前に総量規制に関する知識を深めておくこと

銀行や消費者金融系でお金を借りる前に、総量規制について知識を深めておく必要があります。初めて、カードローンをご利用するにあたり、消費者金融系、または銀行系カードローンのどちらが良いか、迷うこともあると思いますが、決定的な違いはやはり銀行系のほうが低金利であること、そして消費者金融系は銀行系と比較すると、金利は高くつくものの、審査が緩やかで借りやすいということです。

 

カードローンの申し込みをして審査に通過すると、最短で即日融資を受けることができます。しかし、お金を借りる前に、総量規制について知っておく必要があります。とくに、消費者金融系カードローンをご利用の場合、総量規制の対象となっているため、年収の3分の1の金額までしか融資を受けることができません。金融機関によっては、ある一定以上の借り入れ金額を超える場合に、収入証明書の提出が求められる場合もあります。

 

総量規制は、借金返済が困難になり、自己破産や任意整理などの借金整理を行う人が増えていることから、2010年6月より貸金業法の改正により、施行されました。総量規制について、細かい内容まで把握している人はまだ少ないようですが、「年収の3分の1の金額を限度とする」ということを理解しておきましょう。

借金返済と過払い請求について

最近、インターネットの広告やテレビCMなどで「過払い返還・請求」という言葉を頻繁に目に耳にするようになりました。実は、借金返済と過払い請求は深い関係があることについて、ご存知でしょうか。

とくに、消費者金融やクレジット会社などでお金を借りていて、月々の借金をしている人、またはすでに完済した人も、実際に返済すべき金額を超えて消費者金融会社に支払っている可能性があります。そもそも過払い金とは、グレーゾーン金利のことを指しており、貸金業者が利息制限法による上限を超えて、取り続けていた利息のことを言い、お金を借りていた人はこのことに気づかないまま、毎月お金を返済していたことになります。

 

中には、1社だけではなく、複数の金融機関でお金を借りている人もいるので、過払い金があることに気づかないまま返済を続けている可能性も考えられます。借金返済と過払い金は、常に背中合わせであり、過払い金があることに気づかないでいると、損することもあります。払い過ぎたお金を取り戻すには、弁護士さんなど法律のプロに相談するのが問題解決への早道です。借金返済で悩む前に、過払い金があるかどうか、要チェックですね。

借金返済で過払い金を返還してもらうには

過払い金請求、過払い金返還については、これまで1度も借金をした経験がない人であれば、まったく縁のないことです。しかし、クレジット会社や消費者金融会社などでお金を借りている人やすでに完済した人は、ともすれば過払い金があることに気づかないままでいる可能性もあります。もし、このことを知らないまま、借金返済に悩み苦しみ、任意整理や自己破産、特定調停などの借金整理の手段を検討しているとしたら、大変もったいないことです。

これまでに違法と思われる高金利で、借金返済を続けていた場合に、払い過ぎた利息分について取り戻すことを過払い金返還請求と言います。これまで過払い金の返還・請求手続きを行い、払い過ぎた利息分について100万円以上もお金が戻ってきたという事例も多数あります。

 

過払い金を返還してもらう前に、まずは過払い金が発生しているかどうか、チェックしておく必要があります。インターネットを活用して、過払い金を調べる方法もあります。無料のツールを用いて、これまでに借入した金額と返済期間について入力すると、自動計算でスピーディーにわかります。